下腿浮腫

下腿浮腫 とは?

朝、起きてから日中活動すると、体内の水分は重力の関係で
下半身に集まってきます。 下半身 に水分がたまりすぎると
靴下のあとが残ったり、スネを指で押さえるとへこんだ
まま、なかなか戻らなかったりすることもあります。
このように足がむくんでいる状態は、下腿浮腫(かたいふしゅ)
といわれます。
太りすぎたり、冷えで血行不良になっていると 下半身の水分が
上半身に戻りにくくなるため、足がむくみやすくなります。
また、足のむくみがひどいときは、心臓や腎臓の病気が
原因になっていることもあるので注意が必要です。
病院やクリニックでは、下腿浮腫の予防や改善のために
弾性ストッキングをすすめられます。
   

保険適用 四肢のリンパ浮腫治療用弾性着衣

厚生労働省によれば、 四肢リンパ浮腫の重篤化予防を
目的としたストッキングなどの弾性着衣の購入費用は、
保険導入(療養費払い)の対象になるとのことです。
*  腋窩(えきか:わきの下)、骨盤内の広範なリンパ節郭清術
  を伴う悪性腫瘍術後の四肢のリンパ浮腫治療のために、
  医師の指示に基づいて購入する弾性着衣等です。
また、 弾性包帯についても、弾性ストッキング、弾性
スリーブ、弾性グローブを使用できないと認められる場合
に限定して、 療養費の支給対象となっているようです。